天気予報を見る
 
新聞購読申込

エネルギー計画の問題点を指摘/市民団体が“ファクトチェック”

2019/03/14 18:58

 昨年7月に政府が閣議決定したエネルギー基本計画に関し、環境保護団体などでつくる「eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)」は14日、記述内容に問題がないか検証したファクトチェックを公開し、計61カ所を「間違い」と指摘した。他に「矛盾」や「意味不明」などの評価も合わせ計104カ所が問題だとしている。

 原発の安全性について「世界で最も厳しい水準の規制基準」とした部分に対し「新たな安全神話で、リスクがないかのような印象を国民に与えている」と批判、「間違い」に分類した。

 団体は報告会で「ファクトチェックを議論のきっかけにしてほしい」と呼び掛けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.