天気予報を見る
 
新聞購読申込

すばる望遠鏡を国際共同運用へ/米ハワイ島、資金・人材呼び込み

2019/03/14 09:04

 米ハワイ島のマウナケア山頂付近にある「すばる望遠鏡」=2月(共同)
 米ハワイ島のマウナケア山頂付近にある「すばる望遠鏡」=2月(共同)

 米ハワイ島のマウナケア山頂付近にある「すばる望遠鏡」を日本単独から国際共同での運用体制に移行させるため、国立天文台が複数の国に参加を呼び掛ける方針であることが14日、分かった。予算縮小で補修費の捻出にも苦労する状況のため、他国の資金を呼び込むのが目的。海外の人材に入ってもらい、研究活動を強化する狙いもある。

 国立天文台の吉田道利ハワイ観測所長は「(共同運用になっても)費用の半分以上は日本が負担し、主導権は持ち続ける。身売りではない」と強調。数年内に協議をまとめる意向を示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.