天気予報を見る
 
新聞購読申込

初期宇宙のブラックホール発見/83個、形成過程に新たな謎

2019/03/14 00:59

 愛媛大などの国際チームは13日、米ハワイ島にある国立天文台の「すばる望遠鏡」を使った観測で、約130億年前の初期の宇宙に存在した巨大ブラックホールを83個発見したと発表した。それぞれの重さは太陽の1億倍ほどあるという。

 ブラックホールは通常、寿命を終えた星の残骸が、周囲の物を吸い込みながら約10億年かけて巨大になると考えられている。今回見つかったのは宇宙誕生から8億年ほどしかたっていない時代のもので、なぜこれほど初期の宇宙に形成されたのか謎が浮上している。

 研究を主導した愛媛大の松岡良樹准教授は「さらに遠くの古い宇宙を観測し形成過程に迫りたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.