天気予報を見る
 
新聞購読申込

月基地、日本は居住棟を開発/NASAが国際分担案

2019/03/12 09:29

 米国が計画する月周回の新宇宙ステーションのイメージ(NASA提供)
 米国が計画する月周回の新宇宙ステーションのイメージ(NASA提供)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は11日、月を周回する新たな宇宙ステーションの建設構想の国際分担案を発表した。日米欧ロなどの宇宙機関が調整し、まとめたもので、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は欧州宇宙機関(ESA)と共同で居住棟を開発するほか、米国と共に物資輸送を担う。

 新ステーションは「ゲートウエー」と呼ばれ、米国が主導。2022年の建設開始、26年ごろの完成を目指す。カナダ以外の政府は出資を確約しておらず、それぞれの宇宙機関が担当範囲を明確にすることで、自国の政府や議会に予算の確保を求める。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.