天気予報を見る
 
新聞購読申込

「マンモス復活構想」へ成果/細胞核を新生、近畿大

2019/03/11 21:06

 雌のマンモス「YUKA(ユカ)」の化石(近畿大提供)
 雌のマンモス「YUKA(ユカ)」の化石(近畿大提供)

 マンモスの化石に残った組織から、生命の設計図であるDNAが含まれる細胞核を抽出し、マウスの卵子に注入したところ、マンモスの新たな細胞核に変化し始めることが分かったと、近畿大の入谷明名誉教授(家畜繁殖学)らのチームが11日、発表した。

 機能を保持した細胞核が化石にあることが判明し、チームが進めるマンモス復活構想に役立つ成果としている。

 用いたのは、約2万8千年前に死に、ロシア東シベリアの永久凍土で、ほぼ完全な形を保ち、皮膚や筋肉、骨、毛などが残存した状態で発掘された雌のマンモス「YUKA(ユカ)」の化石。

 成果は英科学誌電子版に掲載された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.