天気予報を見る
 
新聞購読申込

国内最古級、獣脚類恐竜の化石/徳島・勝浦町で発見

2019/03/11 19:26

 徳島県勝浦町の地層から見つかった獣脚類の左すねの骨の化石=11日午後、徳島市
 徳島県勝浦町の地層から見つかった獣脚類の左すねの骨の化石=11日午後、徳島市

 徳島県立博物館(徳島市)は11日、同県勝浦町の白亜紀前期(約1億3千万年前)の地層から恐竜「獣脚類」の左すねの骨と歯の化石が見つかったと明らかにした。獣脚類はほとんどが肉食恐竜といい、獣脚類としては国内最古級で、中四国で見つかるのは初めて。

 すねの骨は長さ約19・5センチ、幅約3センチ。先が5センチほど欠けているとみられる。すねの骨は福井県立恐竜博物館でCTスキャンなどを使って鑑定し、獣脚類と特定。同館の東洋一特別館長は「すねの骨の長さから推測すると、体長2メートルくらいの小型の恐竜ではないか」と話している。獣脚類の歯は昨年春に見つかっていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.