天気予報を見る
 
新聞購読申込

大型宇宙ごみ除去技術開発へ/政府、民間と共同で着手

2019/03/10 16:48

 政府は2019年度から、民間と共同で使用済みのロケット部品など大型のスペースデブリ(宇宙ごみ)を除去する技術の開発を始める。順調なら24年度にも除去機能を持たせた実証実験用の衛星を打ち上げ、25年度に軌道上で実際に除去を行う計画。宇宙ビジネス参入に向けた産業育成策の一環で、大型デブリの除去に成功すれば「世界初となる見込みだ」としている。

 開発を目指す衛星は地球を周回するデブリを捕獲し、大気圏に投入して燃焼させる仕組み。捕獲対象とするのは、役割を終えて軌道上に放棄されたロケットの上段部で全長10〜12メートル、直径5メートル程度の「大型ごみ」だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.