天気予報を見る
 
新聞購読申込

地下500mの坑道で火災、岐阜/瑞浪地層研、けが人なし

2019/03/08 22:17

 日本原子力研究開発機構は8日、岐阜県瑞浪市にある瑞浪超深地層研究所の地下500メートルの場所にある研究坑道で火災があったと発表した。作業員が現場の約40メートル上で配管を設置中に、電動ドライバーのバッテリーを誤って落とし、衝撃で発火したとみられる。けが人はなかった。

 機構によると、同日午後4時ごろ、坑道を監視するカメラで火を確認。作業員が初期消火し、現場に着いた消防が同4時50分ごろ鎮火を確認、火災と判断した。

 施設では、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を地下深くに埋める「地層処分」による地質や地下水への影響を研究している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.