天気予報を見る
 
新聞購読申込

京大、iPS移植の拒絶反応抑制/ゲノム編集で成功

2019/03/08 01:56

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の移植で起きる拒絶反応を抑えることに、遺伝子を操作するゲノム編集技術で成功したと、京都大の堀田秋津講師(幹細胞遺伝子工学)のチームが7日付の米科学誌電子版に発表した。マウスを用いた実験成果。将来、iPS細胞を利用した再生医療の普及に役立つとしている。

 チームはクリスパー・キャス9というゲノム編集技術を使い、iPS細胞の遺伝子を部分的に壊した。

 このiPS細胞から血液細胞を作り、マウスに移植して1週間観察。すると、いずれも免疫細胞のキラーT細胞とナチュラルキラー細胞からの攻撃が回避され、拒絶反応を大きく抑制できた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.