天気予報を見る
 
新聞購読申込

火星で15年運用、米探査車に幕/砂嵐で休眠状態に、復旧できず

2019/02/14 08:34

 火星表面で活動する無人探査車「オポチュニティー」の想像図(NASA提供)
 火星表面で活動する無人探査車「オポチュニティー」の想像図(NASA提供)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は13日、火星の表面で約15年にわたり運用してきた無人探査車「オポチュニティー」の活動を終えたと発表した。昨年6月に大規模な砂嵐に巻き込まれて休眠状態に陥った後、復旧できなかった。当初計画の3カ月を大幅に超えて運用され、火星で活動した探査車の最長記録を打ち立てた。

 NASAのブライデンスタイン局長は「将来、人類が火星に降り立つときのための先駆者として多くの成果を上げた」とコメントした。

 オポチュニティーは2004年1月に火星に着陸し岩石などを分析してきた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.