天気予報を見る
 
新聞購読申込

原発事故備え防護施設を日常活用/内閣府が7府県に文書、混乱回避

2019/02/13 17:15

 福井県美浜町にある放射線防護施設=1月
 福井県美浜町にある放射線防護施設=1月

 内閣府が、原発事故時に避難の難しい高齢者や障害者らの退避場所とするために新設の進む放射線防護施設について、住民集会など日常的に活用できるとする文書を静岡や京都など7府県に出したことが13日、分かった。東京電力福島第1原発事故を踏まえ、配備機器の確認などを促し、事故時の混乱を避け住民の被ばくを防ぐ狙い。内閣府関係者が明らかにした。

 第1原発事故では、無計画な指示で混乱を招き、体調が悪化し死亡したり、避難中に被ばくしたりするケースがあった。

 放射線防護施設には、放射性物質の除去フィルターや放射線測定器などを配備。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.