天気予報を見る
 
新聞購読申込

原発災害想定し対応訓練、新潟県/避難計画を検証

2019/02/06 12:16

 東京電力柏崎刈羽原発での事故を想定し、新潟県庁で実施された机上訓練=6日午前
 東京電力柏崎刈羽原発での事故を想定し、新潟県庁で実施された机上訓練=6日午前

 新潟県は6日、東京電力柏崎刈羽原発6号機が地震の影響で運転中に停止し、炉心の冷却が困難になったとの想定で、初動や情報伝達の手順を確認する机上訓練を県庁で実施した。県が1月に公表した広域避難計画案を検証し、課題の洗い出しを進める狙い。

 訓練は、同原発が立地する柏崎市や刈羽村で震度6強の地震が起き、東電から異常発生の通報などがあり、県が原子力災害対策本部を設置したとの想定で開始した。道路被害や警察活動の状況などが会場に伝わると、県職員が住民避難や放射性物質の付着の有無を検査するスクリーニングについて、適切な対応を取るよう周辺自治体にファクスなどで要請した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.