天気予報を見る
 
新聞購読申込

5千年前人骨に結核の痕跡、上海/東アジア最古症例、鳥取大が発見

2019/02/04 18:06

 中国・上海の広富林遺跡で出土した人骨。中央の女性人骨から骨結核発症の痕跡を発見した(上海博物館提供)
 中国・上海の広富林遺跡で出土した人骨。中央の女性人骨から骨結核発症の痕跡を発見した(上海博物館提供)

 中国・上海の広富林遺跡、鳥取市の青谷上寺地遺跡
 中国・上海の広富林遺跡、鳥取市の青谷上寺地遺跡

 鳥取大は4日、岡崎健治医学部助教らの研究チームが、中国・上海の広富林遺跡で出土した女性人骨から約5千年前の結核発症の痕跡を発見したことを明らかにした。東アジアでは最古の結核症例という。

 日本最古の症例は青谷上寺地遺跡(鳥取市)の弥生人骨で確認されている。水田稲作の起源地である長江デルタ地域で発見されたことから、中国大陸から日本に稲作とともに結核菌が持ち込まれたという仮説を裏付けるという。

 研究チームの調査によると、人骨は埋葬された20〜30代の女性のもので、2010年に出土した184体の人骨を分析する過程で発見したという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.