天気予報を見る
 
新聞購読申込

原発汚染土保管の情報施設が開館/31日に、福島・大熊町

2019/01/29 16:25

 報道公開された中間貯蔵工事情報センター=29日、福島県大熊町
 報道公開された中間貯蔵工事情報センター=29日、福島県大熊町

 環境省は29日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で出た汚染土を保管する中間貯蔵施設(同県双葉町、大熊町)について、仕組みや工事状況を紹介する中間貯蔵工事情報センターを報道陣に公開した。31日にオープンする。

 大熊町に完成したセンターでは、汚染土を県内の仮置き場から施設に搬入し、埋め立てるまでの処理の流れをドローンからの映像やパネルで説明。施設建設のために苦渋の決断で土地を手放した住民のために、小学校や神社など事故前から残る地元の風景の映像も紹介している。

 センターは国道6号沿いにあり、入館は無料。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.