天気予報を見る
 
新聞購読申込

ノーベル学者に双子公表前の連絡/ゲノム編集で遺伝子改変の研究者

2019/01/29 11:55

 【ワシントン共同】中国広東省の研究者がゲノム編集で受精卵の遺伝子を改変したと同省が確認した問題で、双子誕生の公表前に米国のノーベル賞受賞者が妊娠に至ったとの連絡を研究者から受けていたとAP通信が28日、報じた。反対したが止められず、同通信は対応の難しさを指摘している。より厳しいガイドラインを求める声が高まりそうだ。

 報道によると2006年にノーベル医学生理学賞を受賞した米マサチューセッツ大のクレイグ・メロー博士は18年4月、広東省・南方科技大の賀建奎副教授=解雇=から「成功!」との件名のメールを受信。ゲノム編集した受精卵の「妊娠を確認した」と伝えられた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.