天気予報を見る
 
新聞購読申込

もんじゅ、燃料取り出し終了/目標を未達、7月に再開

2019/01/28 20:24

 日本原子力研究開発機構は28日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の使用済み核燃料について、本年度の取り出し作業を終了すると明らかにした。29日から、取り出しに使う燃料出入機などの検査に入るためで、7月に再開する。

 機構は当初、昨年末までに「燃料貯蔵設備」から計100体を取り出すとしていたが、機器トラブルが相次ぎ、完了時期を今月に延期。その後もトラブルが続いたため計画達成を断念し、これまでに取り出したのは86体にとどまった。

 機構によると、7月からは原子炉にある燃料の取り出しを始める。22年末までに計530体の取り出しを終える計画に変更はないという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.