天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島第1デブリ初接触へ装置公開/2月に取り出し可能か調査

2019/01/28 17:15

 公開された福島第1原発2号機の原子炉格納容器内を調べる装置=28日午後、横浜市
 公開された福島第1原発2号機の原子炉格納容器内を調べる装置=28日午後、横浜市

 東芝エネルギーシステムズは28日、東京電力福島第1原発2号機の原子炉格納容器内で、溶け落ちた核燃料(デブリ)が動かせるかどうかを確かめる装置を公開した。先端にある2本の「指」で小さな物体をつまむことができる。東電は2月、この装置を格納容器底部に堆積した小石状や粘土状のデブリに初めて接触させ、取り出しが可能かどうかを探る。

 装置は全長約30センチ、幅約10センチ、重さ約1キロ。カメラ、照明、放射線測定器、温度計を搭載する。パイプの先に取り付け、格納容器の貫通部から内部に挿入する。指はトングのように開閉し、最大約2キロの物体を持ち上げられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.