天気予報を見る
 
新聞購読申込

ペルセウス座流星群が出現ピーク/真夏の夜空彩る光の筋

2018/08/13 08:59

 ペルセウス座流星群の流星と夏の大三角=13日未明、福岡市内
 ペルセウス座流星群の流星と夏の大三角=13日未明、福岡市内

 真夏の夜空を彩るペルセウス座流星群が13日未明、出現のピークを迎えた。国立天文台によると今年は月明かりの影響がない好条件で、天気が良ければ13日夜から14日未明も全国で鮮やかな流れ星が楽しめるという。

 ペルセウス座流星群のもととなるのは、かつて彗星がまき散らしたちり。毎年8月に地球がちりの集まりを通過する際、ちりが大気に突入して光を放つ。真夏の風物詩となっており、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並び三大流星群と呼ばれる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.