天気予報を見る
 
新聞購読申込

ロケット、噴射器誤作動が影響/打ち上げ失敗の調査結果

2018/08/11 16:37

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は11日、6月に打ち上げに失敗した小型ロケットMOMO(モモ)2号機について、機体下部にある姿勢制御用の噴射器が誤作動した影響で、エンジンへの燃料供給がストップしたのが原因とする調査結果を公表した。3号機の開発を進め、配管の構造を変更するなどの再発防止策を講じる。

 同社によると、噴射器が誤作動し、姿勢制御用のガスの温度が設計値を大幅に上回り、配管が溶けた。漏れたガスによって一部の部品が焼損し、燃料を供給できなくなった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.