天気予報を見る
 
新聞購読申込

徳島に国内最古級の恐竜地層/勝浦町で白亜紀前期の化石発見

2018/08/09 19:41

 徳島県勝浦町で発見された竜脚類恐竜の歯の化石(徳島県立博物館提供)
 徳島県勝浦町で発見された竜脚類恐竜の歯の化石(徳島県立博物館提供)

 徳島県立博物館(徳島市)は9日、同県勝浦町で、国内最古級の白亜紀前期(約1億3千万年前)の、恐竜の骨や歯の化石を含む地層が見つかったと発表した。地層からは草食恐竜の「竜脚類」の歯3点や、ワニや亀などの化石45点が見つかり、今後も新たな発見が期待できるという。

 同博物館によると、地層は私有地の山林の中にあり、露出している幅約30センチ、長さ1メートルの部分から化石が見つかった。周辺では、これまでにも竜脚類の歯の化石などが発見されたが、地層の特定はできていなかった。

 歯の化石3点のうち一つは、長さ3・8センチで竜脚類では国内最大級という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.