天気予報を見る
 
新聞購読申込

米、民間の有人宇宙飛行19年に/開発遅れ、NASAが延期

2018/08/03 09:00

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は2日、2018年中にも行うとしていたスペースXとボーイングの民間2社による初の有人宇宙飛行を、それぞれ19年4月と同年中ごろに延期すると発表した。両社の宇宙船は開発の遅れが指摘されていた。

 NASAは11年のスペースシャトルの引退後、国際宇宙ステーションへの宇宙飛行士輸送を民間に委託する方針を決めている。本格的な輸送業務を開始する前に、試験的な有人宇宙飛行を18年中に行う予定だった。スペースXは「ドラゴン」、ボーイングは「スターライナー」を開発中で、人を乗せない形での試験飛行を年内に実施する可能性がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.