天気予報を見る
 
新聞購読申込

幕末の台風ルートを復元/関東と東海に大規模高潮

2018/08/03 08:47

 「安政風聞集」に描かれた現在の東京都江東区付近が浸水している様子(国立公文書館提供)
 「安政風聞集」に描かれた現在の東京都江東区付近が浸水している様子(国立公文書館提供)

 幕末の1856年9月(安政3年8月)、関東や東海各地に大規模な高潮被害をもたらした「安政江戸台風」が通ったルートを各地の古文書から復元することに、帝京大の平野淳平准教授(自然地理学)らのチームが3日までに成功した。

 台風は伊豆半島の東側を抜けて江戸に向かったと考えられていたが、実際には伊豆の西側から内陸を進んで福島県相馬市に抜けたと分かった。近代的な気象観測が始まる前の台風ルートは謎が多く「現在の防災想定にも役立つ」としている。

 静岡県下田市付近に滞在していた初代米国総領事・ハリスや群馬県玉村町の名主の日記など10カ所の計10点を分析に用いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.