天気予報を見る
 
新聞購読申込

りゅうぐうは乾いた星?/自転の向きは地球と逆

2018/08/02 17:32

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日、探査機「はやぶさ2」が上空から観測している小惑星りゅうぐうについて、これまでに表面では水分が見つからず、当初の予測よりも乾いた星だとみられると明らかにした。

 これまでに表面の90%以上を調べたが、水分の存在を示す結果は得られなかった。ただ観測チームは「極の周辺や地下には存在する可能性がある」として、さらに調査を進めるとしている。

 また、りゅうぐうは、初代はやぶさがたどり着いた小惑星イトカワと同じく、地球と逆の向きに自転していることも分かった。クレーターの中には、深さ30メートルになるものも見つかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.