天気予報を見る
 
新聞購読申込

二酸化炭素濃度17年に過去最高/米政府機関報告、温暖化が進行

2018/08/02 08:59

 1981〜2010年の平均と比較した2017年の世界の平均気温。濃い赤ほど高い(米海洋大気局提供・共同)
 1981〜2010年の平均と比較した2017年の世界の平均気温。濃い赤ほど高い(米海洋大気局提供・共同)

 【ワシントン共同】米海洋大気局(NOAA)などの国際チームは1日、地球温暖化に大きな影響を及ぼす二酸化炭素(CO2)の2017年平均の大気中濃度が過去最高だったとする報告書を公表した。世界の平均気温も観測史上2〜3番目の高さ。「さまざまな指標が、温暖化が進行していることを示している」と指摘した。

 報告書によると、17年の平均CO2濃度は405ppm(1ppmは100万分の1)で、過去最高だった16年を2・2ppm上回った。深刻な温暖化影響を避けるには、420ppm程度に抑えることが必要だと考えられている。

 世界の平均海面は1993年比で7・7センチ高い。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.