天気予報を見る
 
新聞購読申込

猛暑、観測衛星でくっきり/JAXA、地表温度の画像公開

2018/08/01 21:24

 地球観測衛星「しきさい」が捉えた、1日午前10時40分ごろの本州中央部の地表温度。温度が高いほど濃い赤で示される。白の領域は雲を示す(JAXA提供)
 地球観測衛星「しきさい」が捉えた、1日午前10時40分ごろの本州中央部の地表温度。温度が高いほど濃い赤で示される。白の領域は雲を示す(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日、地球観測衛星「しきさい」が捉えた地表温度の画像を公開した。1日午前10時40分ごろの観測で、埼玉県熊谷市や京都市周辺では50度を超えるなど、大都市周辺の広い範囲で40度以上の高温となり、猛暑に見舞われている様子が見て取れる。子どもは大人より背が低く、地面の熱の影響を受けやすいため注意が必要だ。

 画像は東北南部から近畿付近をカバーし、温度が高いほど濃い赤で示されている。東京や名古屋、大阪など、舗装された道路やビルが多い大都市の周辺で高温が目立つ。一方、都市部でも木が多い場所や緑地では、温度がやや低くなっていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.