天気予報を見る
 
新聞購読申込

ドローンで光化学スモッグ解明/注意報発令多い埼玉県

2018/07/30 16:39

 上空のオゾン濃度調査のために飛び立つドローン=30日午後、埼玉県ときがわ町(埼玉県環境科学国際センター提供)
 上空のオゾン濃度調査のために飛び立つドローン=30日午後、埼玉県ときがわ町(埼玉県環境科学国際センター提供)

 光化学スモッグ注意報の発令日数が全国でも有数の埼玉県は30日、ドローンで大気中のオゾン濃度を調べ光化学スモッグ発生のメカニズムを解明する取り組みを実施した。県によると、ドローンによる調査は全国初。

 光化学スモッグは窒素酸化物(NOX)などが太陽光で化学反応を起こしてできる光化学オキシダントの濃度が高まることで発生。目やのどの痛みを引き起こす健康被害などが懸念されている。

 調査は、同県ときがわ町で高度千メートルまでドローンを飛ばし、30日正午から3時間ごとに計4回、上空のオゾンの濃度分布や時間による変化などを測定。31日も同様に行い、数カ月かけて分析する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.