天気予報を見る
 
新聞購読申込

トキ60羽巣立ち繁殖期終了/昨年の77羽に次ぐ、新潟

2018/07/06 20:17

 今年の繁殖期で最後に巣立ちが確認されたトキのひな=6日、新潟県佐渡市(環境省提供)
 今年の繁殖期で最後に巣立ちが確認されたトキのひな=6日、新潟県佐渡市(環境省提供)

 環境省は6日、新潟県佐渡市でトキの今年の野生下での繁殖期が終了し、60羽のひなの巣立ちを確認したと発表した。2008年の放鳥開始以降で最多の77羽が巣立った昨年に次ぐ数字となった。トキは国の特別天然記念物に指定されている。

 今期はトキのペア32組から67羽のひなが誕生し、うち27組から60羽が巣立った。残り7羽は死んだり行方不明になったりした。両親とも野生生まれの「純野生」のひなは8羽が巣立った。

 ただ今期は、繁殖に参加したメスの数のうち巣立ちに成功したペアの割合を示す「巣立ち率」は約38%。昨年の約48%より低下した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.