天気予報を見る
 
新聞購読申込

木造住宅損壊の予測ソフト公開/巨大地震を想定、京大

2018/07/04 19:46

 シミュレーションソフトで再現した、地震で木造住宅が倒壊するイメージ。赤い部分は損傷が激しい
 シミュレーションソフトで再現した、地震で木造住宅が倒壊するイメージ。赤い部分は損傷が激しい

 京都大生存圏研究所の中川貴文准教授(木質構造学)は4日、巨大地震の発生を想定し、木造住宅の損傷や倒壊状況をアニメーションで確認できるシミュレーションソフトの最新版を公開した。

 ソフトは「ウォールスタット」で、2010年に初公開。最新版では、木造住宅を建てる際に、よく利用される設計ソフトと連動し、ハウスメーカーが使いやすいよう改良した。

 阪神大震災など過去に発生した地震や、大きな被害が予想される南海トラフ巨大地震など、さまざまな地震での検証が可能としている。

 柱や壁の種類や、場所などの情報を入力し、3Dで住宅を再現した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.