天気予報を見る
 
新聞購読申込

コアラ、ユーカリを毒味/苦さ感知、京大ゲノム解析

2018/07/03 00:03

 オーストラリア東部に生息する有袋類のコアラが、主食であるユーカリの葉が持つ毒を苦味として感じ、食べられるものだけを選ぶように進化したとみられることが、ゲノム(全遺伝情報)解析の結果、分かった。京都大霊長類研究所の早川卓志特定助教らが参加する国際チームが2日付の米科学誌ネイチャージェネティクス電子版に発表した。

 ユーカリ林の破壊に伴う生息地の減少や感染症により、絶滅が心配される野生のコアラの生態解明や保全に役立つ成果という。

 チームによると、ユーカリは毒性成分を含むため、ほとんどの動物は食べられない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.