天気予報を見る
 
新聞購読申込

2号機最上階59ミリシーベルト/福島第1原発調査

2018/07/02 20:30

 東京電力は2日、福島第1原発2号機の使用済み核燃料プールからの燃料搬出に向け、原子炉建屋最上階にロボット2台を投入し、放射線量の測定など汚染状況の調査を始めた。この日は計19カ所の空間放射線量を測り、最大で毎時59ミリシーベルトだった。今月下旬まで調査を続ける予定。

 2号機は、2011年3月の事故で水素爆発による建屋の大破は免れたが、炉心溶融(メルトダウン)が起き、建屋内の放射線量は高い。東電は23年度をめどにプールからの燃料搬出を始めるとしており、今回の調査結果を踏まえ、燃料搬出に向けた具体的な計画を立てる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.