天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本の石炭消費4年ぶり増/火力発電量の伸び要因

2018/07/01 18:02

 仙台港で運転する石炭火力発電所「仙台パワーステーション」=1月、仙台市宮城野区
 仙台港で運転する石炭火力発電所「仙台パワーステーション」=1月、仙台市宮城野区

 地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出が多い石炭の国内消費量が、2017年は4年ぶりに増加したことが英石油大手BPの最新の統計で1日、分かった。

 各国で石炭火力発電が縮小する中、日本は発電量が伸びたためで、温暖化防止に向けたエネルギー転換が遅れていることを示すデータ。石炭火力発電所の新増設計画が相次ぎ、国内外から「温暖化対策に逆行する」と批判が上がっている日本の姿勢に、さらに風当たりが強まりそうだ。

 BPによると、日本でエネルギー源として使われた石炭の消費量は17年に原油換算で1億2050万トンとなり、前年比1・7%の増。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.