天気予報を見る
 
新聞購読申込

域内総生産の40%以上失う/南海トラフ巨大地震

2018/06/07 19:12

 2016年2月、南海トラフ巨大地震で被害が大きいと想定された、高知県の津波避難タワー=黒潮町
 2016年2月、南海トラフ巨大地震で被害が大きいと想定された、高知県の津波避難タワー=黒潮町

 南海トラフ巨大地震が発生すると東海や近畿の太平洋岸と四国全域で、2年間のうちに、地域内の経済活動を評価する指標の域内総生産(GRP)の40%以上が失われる可能性があることが、土木学会が7日公表した報告書で分かった。

 津波や地震の揺れで道路などの公共インフラや建物が破壊されるためで、特に静岡県中部や高知県の大半などではGRPの70%以上が失われる恐れがあるとしている。

 被災した自治体の市民の1人平均の所得は、地震から20年間の合計で800万円前後〜2千万円以上減少するとの結果も出た。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.