天気予報を見る
 
新聞購読申込

栃木・那須町が指定廃棄物集約へ/方針転換、環境省案を受け入れ

2018/06/05 14:24

 栃木県那須町で、黒いシートをかぶせて保管されている指定廃棄物=2017年11月
 栃木県那須町で、黒いシートをかぶせて保管されている指定廃棄物=2017年11月

 東京電力福島第1原発事故で発生した稲わらや牧草などの指定廃棄物に関し、栃木県那須町は5日までに、市町単位で1カ所か数カ所の保管場所に集約するとの環境省案を受け入れ、那須町内の農家らが各自保管している計約3300トンを集める方針を固めた。

 平山幸宏町長が4日の町議会で「仮置き場などへの集約を進めたい」と述べた。4月に退任した高久勝前町長は風評被害などを懸念し、集約先の選定で混乱が起きかねないと反発していた。

 県内で指定廃棄物を保管する農家123戸のうち53戸が那須町にあり、今回の方針転換をきっかけに県全体で集約化が進む可能性もある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.