天気予報を見る
 
新聞購読申込

チバニアンの命名審査中断/「改ざん」指摘を否定

2018/05/18 17:49

 文科省で記者会見する岡田誠茨城大教授(中央)ら=18日午後
 文科省で記者会見する岡田誠茨城大教授(中央)ら=18日午後

 地球史の77万〜12万6千年前を「チバニアン(千葉時代)」と名付けるための申請を巡り、国際学会の審査が中断していることが18日、分かった。一部の日本の地質学者らが「データが改ざんされた」と指摘したため。申請チームは同日、文部科学省で記者会見し「疑義は全くない」(岡田誠茨城大教授)と説明し、事実無根と訴えた。

 77万年前に地球の磁気のN極とS極の向きが逆転した痕跡が千葉県市原市の地層「千葉セクション」に良好な状態で残っており、チームは命名を目指して国際学会に申請。昨年11月に1次審査を通過していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.