天気予報を見る
 
新聞購読申込

石西礁湖のサンゴ、良好状態1%/白化の影響残る、沖縄

2018/05/17 18:53

 白化現象などで死んだ沖縄県・石垣島沿岸のサンゴ=2017年12月(環境省提供)
 白化現象などで死んだ沖縄県・石垣島沿岸のサンゴ=2017年12月(環境省提供)

 日本最大のサンゴ礁が広がる沖縄県の石西礁湖や周辺海域で、サンゴが過去の大規模な白化現象の被害から回復しておらず、良好な状態を保つ場所は1%程度にとどまるとする調査結果を環境省が17日、発表した。白化は地球温暖化に伴い深刻になると懸念されるため「監視を続け、保全策を検討する」としている。

 環境省は、人工衛星で2017年に撮影した画像や現地調査を基に全体的なサンゴの分布域を確認した上で、サンゴの状態を場所ごとに詳しく評価した。

 沖縄県の石垣島と西表島の間にある石西礁湖では、生きたサンゴが50%以上を占める良好な状態の場所は分布域全体の1・4%だけだった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.