天気予報を見る
 
新聞購読申込

大型恐竜も「抱卵」か/つぶさないよう並べ方工夫

2018/05/16 09:23

 巣で卵を温めるオビラプトロサウルス類の復元図(服部雅人氏提供)
 巣で卵を温めるオビラプトロサウルス類の復元図(服部雅人氏提供)

 大型のオビラプトロサウルス類の巣の化石(中国・河南省地質博物館所蔵、名古屋大提供)
 大型のオビラプトロサウルス類の巣の化石(中国・河南省地質博物館所蔵、名古屋大提供)

 大型の恐竜も、卵を押しつぶさないよう並べ方を工夫することで、自分で温める「抱卵」をしていた可能性があると、名古屋大などの研究チームが16日付の英科学誌電子版に発表した。

 調べたのは、恐竜の中でも鳥に近い「オビラプトロサウルス類」。体長8メートル、体重2トンの大型種だ。

 卵や巣の化石を分析。卵の殻にある気孔と呼ばれる小さい穴の数が少なく、抱卵する種の特徴を示していた。

 名古屋大博物館の田中康平特別研究員(古脊椎動物学)は「卵のない中心にうずくまり、羽毛が生えた腕を広げて直射日光など卵を守り、温度などを管理していたのではないか」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.