天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本実験棟きぼうから衛星を放出/ケニアやコスタリカなどの計3個

2018/05/11 20:18

 国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」から宇宙空間に放出された、ケニアとコスタリカの超小型衛星の中継映像=11日夜、茨城県つくば市のJAXA筑波宇宙センター
 国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」から宇宙空間に放出された、ケニアとコスタリカの超小型衛星の中継映像=11日夜、茨城県つくば市のJAXA筑波宇宙センター

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」からケニア、コスタリカ、トルコの超小型衛星計3個を宇宙空間に放出した。ケニアとコスタリカにとっては初の人工衛星で、発展途上国の宇宙開発を支援するためケニアとトルコの分はJAXAが無償で放出を請け負った。

 3個は一辺約10〜30センチの立方体や直方体。それぞれカメラによる国土の撮影や、天候や樹木の成長のデータを集めるための技術の実証、宇宙の放射線を計測する実験などを計画しているという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.