天気予報を見る
 
新聞購読申込

研究機関、日本の石炭火力を批判/パリ協定巡り分析

2018/05/08 16:54

 【ボン共同】地球温暖化対策のパリ協定の目標達成には、日本などが推進する石炭火力発電が大きな懸念材料で、多くの国で取り組みの強化が必要だとする分析結果を、海外の研究機関でつくる「クライメート・アクション・トラッカー」が8日までにまとめた。ドイツ・ボンで開催中の気候変動枠組み条約の会議に合わせて公表した。

 2020年に始まるパリ協定は、産業革命前からの気温上昇を2度未満、できれば1・5度に抑えることを目指す。分析は、現状では達成が難しいが、二酸化炭素(CO2)の排出を抑えるため、英国など脱石炭にかじを切る国が増えていると指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.