天気予報を見る
 
新聞購読申込

ヒアリ探しに判別キット/水際対策で活用

2018/05/08 19:15

 東京・大井ふ頭のコンテナから見つかったヒアリ=2017年7月(環境省提供)
 東京・大井ふ頭のコンテナから見つかったヒアリ=2017年7月(環境省提供)

 国立環境研究所(茨城県つくば市)は8日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」の国内定着を防ぐため、港湾や公園で捕獲したものがヒアリかどうかを簡単に判別できる検査キットの試作品を開発したと発表した。

 遺伝子を増幅させて検出する技術を用いることで、在来種に交じって生息していても判別できる。今月から自治体や民間の研究施設に無償で配布し、さまざまな環境での水際対策に活用できるか確認する。

 検査は、捕獲したアリをすりつぶしてキットの試薬と混ぜ合わせ、保温する。ヒアリだった場合、液体が白く濁るという。約130分で結果が出る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.