天気予報を見る
 
新聞購読申込

玄海原発の火山灰対策視察/規制委員長、知事と会談

2018/02/11 20:17

 玄海原発の非常用ディーゼル発電機の吸気口に取り付けた、火山灰の侵入を防ぐフィルターを確認する原子力規制委員会の更田豊志委員長(右から3人目)=11日午前、佐賀県玄海町(代表撮影)
 玄海原発の非常用ディーゼル発電機の吸気口に取り付けた、火山灰の侵入を防ぐフィルターを確認する原子力規制委員会の更田豊志委員長(右から3人目)=11日午前、佐賀県玄海町(代表撮影)

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は11日、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)を訪れ、火山灰の対策設備などを視察した。佐賀県の山口祥義知事らと視察後に会談し、熊本県・阿蘇山の影響について「巨大噴火が起きる可能性は十分に低い」と述べた。

 九電は3号機を3月、4号機を5月に再稼働させる方針だ。更田氏は非常用ディーゼル発電機の吸気口に取り付けた火山灰の侵入を防ぐフィルターや、3、4号機の中央制御室などを見て回った。

 会談は佐賀県唐津市で実施し、同原発の半径30キロ圏に含まれる福岡、長崎の両県幹部や市町の首長らも出席したほか、九電の瓜生道明社長が同席した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.