天気予報を見る
 
新聞購読申込

論文不正防止に「長い目必要」/田中さんと大隅さんが会見

2018/02/09 19:35

 記者会見する大隅良典・東京工業大栄誉教授(右)と田中耕一・島津製作所シニアフェロー=9日午後、京都市
 記者会見する大隅良典・東京工業大栄誉教授(右)と田中耕一・島津製作所シニアフェロー=9日午後、京都市

 ノーベル賞受賞者の田中耕一・島津製作所シニアフェロー(58)と大隅良典・東京工業大栄誉教授(73)が9日、京都市のホテルで記者会見し、論文不正の防止策について聞かれ、若い人が成果を出すのに長い目で見る必要性を訴えた。

 田中さんは自身の研究で結果が出るまで時間がかかったり、失敗したりした経験を紹介。研究者の有期雇用などの背景を指摘し、「国は成果を出すのに長い目で見なければいけない」と話した。

 大隅さんは「決して良い方向に日本の科学は向かっていない」との認識を示した上で、「10〜20年を見通す視点を持たないと科学の進歩は難しい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.