天気予報を見る
 
新聞購読申込

南海トラフ地震、確率微増/30年以内「70〜80%」

2018/02/09 19:19

 政府の地震調査委員会は9日、東海沖から九州沖に延びる南海トラフ沿いでマグニチュード(M)8〜9級の巨大地震が30年以内に発生する確率が昨年よりわずかに上がり、今年1月1日時点で「70〜80%」になったとの評価を発表した。

 想定した地震が起きない限り確率は時間とともに少しずつ上がり、今回は計算結果の四捨五入の関係もあって昨年の「70%程度」より一つ高いランクになった。

 北海道東部の根室沖でM7・8〜8・5程度の巨大地震が30年以内に起こる確率も、昨年の「70%程度」から「80%程度」に1ランク上がった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.