天気予報を見る
 
新聞購読申込

独、温室効果ガス目標先送りか/二大政党が連立協議で合意

2018/01/11 16:19

 11日、社会民主党との折衝のため、同党本部に到着したドイツのメルケル首相=ベルリン(ロイター=共同)
 11日、社会民主党との折衝のため、同党本部に到着したドイツのメルケル首相=ベルリン(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】ドイツが2020年までに温室効果ガスを1990年比で40%削減するとの目標の先送りを検討し始めた。昨年9月の総選挙後、連立協議を進める二大政党が11日までに、達成時期を「2020年代初め」に変更する方針で合意した。両党は7日、連立政権樹立に向けた予備折衝に入り、当面の期限とされる11日を迎えた。

 政府統計によると、16年現在の排出量は1990年比で27・6%減だが、40%減を達成するには石炭火力発電所の削減が必要。二大政党は雇用への影響を懸念している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.