天気予報を見る
 
新聞購読申込

探査機はやぶさ2、エンジン始動/6月下旬、小惑星到着へ

2018/01/10 17:39

 小惑星りゅうぐうに近づく「はやぶさ2」のイメージ(池下章裕さん提供)
 小惑星りゅうぐうに近づく「はやぶさ2」のイメージ(池下章裕さん提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、小惑星りゅうぐうを目指している探査機「はやぶさ2」が、りゅうぐう到着に向けて最終段階となるイオンエンジンの連続噴射を始めたと発表した。6月下旬に上空20キロに着き、約1年半、岩石の採取などに取り組む。

 JAXAによると、りゅうぐうまでは残り約350万キロ。エンジンを6月上旬まで噴射して距離を縮める。正常に動かないと到着が遅れたり、たどり着けなくなったりする可能性がある。

 探査では主に、衝突装置で作る人工のクレーター内など計3カ所に着陸して岩石を採る。順調なら10月下旬に1回目の着陸を試みる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.