天気予報を見る
 
新聞購読申込

はやぶさ2、着陸目印を月末投下/降下中止は高度計の異常

2019/05/22 18:23

 探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうの上空約500メートルで撮影した表面の人工クレーター。実線で囲まれた部分が、人工クレーターの中心部分となる円形の領域、点線部分がくぼんだ領域(JAXA提供)
 探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうの上空約500メートルで撮影した表面の人工クレーター。実線で囲まれた部分が、人工クレーターの中心部分となる円形の領域、点線部分がくぼんだ領域(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機はやぶさ2による小惑星りゅうぐう表面への2回目の着陸に向け、29〜30日に降下し、人工クレーター周辺に目印のボールを投下すると発表した。

 はやぶさ2は15〜16日、ボール放出のために表面へ接近したが、高度50メートルで自主的に降下を中止した。高度の計測で異常な値が出たことが原因で、JAXAは既に問題を解決したとしている。

 降下の際、予定外だった人工クレーター周辺の地形の詳細な観測に成功したため、今月末にボールが投下できればスケジュールの遅れは生じないという。

 着陸は6月下旬〜7月上旬を予定している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.