天気予報を見る
 
新聞購読申込

はやぶさ2、小惑星への降下中止/異常検知とJAXA発表

2019/05/16 17:34

 はやぶさ2が降下途中、小惑星りゅうぐうの上空60メートル付近で撮影した画像。はやぶさ2の影が左端中央に写っている(JAXA提供)
 はやぶさ2が降下途中、小惑星りゅうぐうの上空60メートル付近で撮影した画像。はやぶさ2の影が左端中央に写っている(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、探査のために小惑星りゅうぐうへと高度を下げていた探査機はやぶさ2が、上空50メートル付近で異常を検知して降下を中止したと発表した。安全な場所に向け上昇、機体に異常はないという。今後原因を調べる。

 今回の降下では、2回目の着陸に向け、目印となるボールを放出する予定だったが延期となった。りゅうぐうを離れる前にもう一度着陸するチャンスはまだあるという。

 はやぶさ2は15日、りゅうぐうの上空20キロの定位置から降下を開始。高度計で高さを測りながら上空10メートルまで降りる予定だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.