天気予報を見る
 
新聞購読申込

火星で地震波、探査機が初観測か/NASA「火星地震学の幕開け」

2019/04/24 10:12

 火星表面の探査機インサイト(NASA提供・共同)
 火星表面の探査機インサイト(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は23日、昨年11月に火星に着陸した探査機インサイトが、火星で地震波を観測したとみられると発表した。今後の分析で確定すれば初で、NASAは「火星地震学の幕開けだ」と期待している。

 火星の内部構造を調べるインサイトは、極めて精密な地震計を備えている。4月6日、表面を吹く風に伴う揺れとは特徴が異なる揺れをキャッチ。このほか、3〜4月に地震波を3回記録した可能性がある。

 火星には地球のようなプレート運動はないが、NASAは、冷えて徐々に縮まる過程で岩盤にひずみがたまり小規模な地震が起きると考えられるとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.