天気予報を見る
 
新聞購読申込

野生下でトキのひな誕生/新潟・佐渡、8年連続

2019/04/23 17:22

 巣でひなに餌を与える雄のトキ=23日、新潟県佐渡市(環境省提供)
 巣でひなに餌を与える雄のトキ=23日、新潟県佐渡市(環境省提供)

 環境省は23日、新潟県佐渡市で放鳥された国の特別天然記念物トキのつがいから、今年初めてひなが生まれたと明らかにした。野生下でひなの誕生が確認されるのは2012年から8年連続。

 環境省によると、つがいは9歳雄と8歳雌で、いずれも人工的に飼育された後に放鳥されたトキ。調査員が同日午前7時半ごろ、雄が巣にいるひな1羽に餌を与えているのを見つけた。佐渡市内で巣作りが確認されているトキのつがいは他に45組いるという。

 佐渡市で野生下で生息しているトキは、推定で約340羽に上る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.