天気予報を見る
 
新聞購読申込

米新宇宙船、噴射試験で異常/有人飛行の遅れ懸念

2019/04/21 15:19

 有人型ドラゴン宇宙船のエンジン噴射試験の異常で発生した煙=20日、米フロリダ州(Florida Today・AP=共同)
 有人型ドラゴン宇宙船のエンジン噴射試験の異常で発生した煙=20日、米フロリダ州(Florida Today・AP=共同)

 【ワシントン共同】米スペースXは20日、南部フロリダ州の地上施設で同日実施した有人型ドラゴン宇宙船のエンジン噴射試験で異常が発生したと発表した。AP通信によると、数キロ離れた場所から確認できるほど煙が上がったが、けが人はいない。

 試験していたのは飛行士の緊急脱出時に噴射するエンジン。有人型ドラゴン宇宙船は3月に国際宇宙ステーションへの無人試験飛行に成功。早ければ7月にも米航空宇宙局(NASA)の飛行士2人を乗せた初の有人飛行が見込まれていたが、スケジュールの遅れが懸念される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.