天気予報を見る
 
新聞購読申込

遠足の高校生、恐竜の歯化石発見/ティラノ類新種の可能性も、岩手

2019/04/19 19:02

 発見したティラノサウルス類の歯の化石を持つ門口裕基さん=19日午後、東京都新宿区
 発見したティラノサウルス類の歯の化石を持つ門口裕基さん=19日午後、東京都新宿区

 岩手県の久慈琥珀博物館は19日、敷地内の発掘体験場を訪れた県内の高校生が、約9千万年前の白亜紀後期の地層から肉食恐竜ティラノサウルス類の歯の化石を見つけたと発表した。歯は上顎の前方のもので長さ約9ミリ、体は小ぶりで、体長3メートル程度とみられる。

 分析した早稲田大の平山廉教授(古生物学)によると、後期の化石の発見例は世界的にも少なく、新種の可能性もある。白亜紀を通じて体が大型化していく過程を知る貴重な資料という。国内ではこれまで、他の地域でもティラノサウルス類の化石が見つかっている。

 遠足で博物館を訪れ、化石を発見した高校生は「とても驚いた」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.